アンネのバラの教会

FB_IMG_1716411856710.jpg
今年も、兵庫県の甲陽園にある「聖イエス会アンネのバラの教会」まで行ってきました。

以前に「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクにちなんだ「アンネのバラ」と言うバラがあるのを知り、その名の教会があると知って訪れてからは、前は毎年バラの咲く時期に訪れるようにしています。

アンネのバラは、アンネを偲んでベルギーで作出された四季咲きの香り高いバラです。

「アンネの形見のバラ」(Souvenir d'Anne Frank 1960  Delforge)と呼ばれ、アンネの父親のオットー・フランク氏の庭でも大切に育てられていたそうです。

そして、1972年のクリスマスに、フランク氏より友情のしるしとしてアンネの形見のバラが聖イエス会に贈られて来たのだそうです。

FB_IMG_1716411861092.jpg

アンネの日記のアンネ・フランクは、日記の中に、「私は世界と人類のために働きます」と、書き残していました。

このアンネのバラの教会は、彼女の平和と人類愛の理想が、多くの若い人たちに、受けつがれていくようにとの願いをこめてアンネ生誕50周年の1979年に計画され、1980年4月に建てられたものです。

このように、アンネの父オットー・フランク氏との交流が、この教会設立のきっかけとなったようです。

阪急電車の甲陽園駅から山手の方に住宅地を上がっていった所に、アンネのバラの教会はあります。


FB_IMG_1716411867200.jpg

FB_IMG_1716411879551.jpg

アンネのバラは咲き続けていく間に色を変えていくのが特徴で、神秘的なその色合いはアンネのように優しさを感じさせるバラで大好きなバラの一つです。

美しいバラを見ていると心が癒されてきますね。

FB_IMG_1716411883404.jpg

小さな教会ですが、教会の庭にはアンネ・フランクの像がアンネのバラに囲まれて佇んでいます。

教会の庭に植えられたアンネのバラはきれいに咲き誇って、バラの園のようです。


この記事へのコメント